電子マネーおすすめiPhoneのApple Pay実践ガイド

お金
スポンサーリンク

Apple PayはSuica登録で生活がガラリと変わる!

iPhoneで電子マネーといえば、Apple Payという機能を用いて行います。

基本的には、iPhoneのWalletアプリを起動してクレジットカード情報などを登録・管理する。

指紋認証やパスコード解除で、スムーズに支払いを済ませることが可能なんです!

Apple Payは下記の3種類が電子マネーになるよ!

・Suica

・iD

・QUICPay

 

Suica以外の2つはクレジットカードを登録すると、

自動的にどちらかが指定されるんだよね!

今回は、Apple Payのメリット・デメリットやSuica登録までのご紹介をしていくよ!

Apple Payのメリット・デメリット

メリット

1.iPhone紛失時に止めやすく高セキュリティ

┗紛失や盗難にあっても、他デバイスから使用を停止することが可能。

また、決済にもFace ID(顔認証)などが必要なため、カードの不正利用を防ぐことができる。

2.コンビニや交通機関など、利便性が高い

┗対応している店舗・施設の多いSuicaが使える。

買い物だけでなく交通機関への乗車も楽になる。Suicaの残高確認やチャージも簡単。

デメリット

1.対象にないカードがある

┗対応する電子マネーはSuica、iD、QUICPayの3種で、おサイフケータイに比べるとやや少ない。

クレジットカードの中には対応していないものもあるので注意したい。

※Visaの場合、店舗支払いには対応してるが、ネットショップには対応してない。

2.実店舗で利用できるのはiPhone7以降の端末

┗Apple Payが対応している端末は、iPhone7から。それより前に出た機種は、対応してない。

iPhoneを長く愛用している人なら、機種変更がオススメです。

実践STEP1:Walletアプリにクレジットカードを登録

1.『Wallet』を起動

iPhoneに標準で入っている『Wallet』アプリを起動する。

カード登録には、起動後の画面右上の『+』をタップする。

2.クレジットカードを撮影

画面が移動したら『クレジットカード/プリペイドカード』を選択。

次の画面でカメラの枠内にクレジットカードが収まるように撮影するだけ。

3.入力情報を確認

認識されたカード情報が正確に認識されたかを確認しましょう!

セキュリティコードを入力し、SMSでカード認証すれば完了です。

実践STEP2:『Suica』も登録しよう!

1.アプリをダウンロード

App Storeで『Suia』で検索して公式アプリをダウンロードする。

2.Suicaアプリを起動

右下の『Suica発行』をタップして『My Suica(記名式)』の発行手続きへ

3.必要情報を入力

会員情報登録画面で氏名やクレジットカード情報を登録。

チャージ金額と方法を選択。

オートチャージが利用できるのは『VIEW』マークのついたVIEWカードだけなので、

紐づけるクレジットカードは注意しておきたい。

4.カードを転送

iPhoneの『Wallet』アプリにSuicaが追加されれば登録完了!

Suicaと組み合わせるクレカならこの2択!

1.JREカード:駅ビルでつかうならポイント還元率が高い。

2.ビュー・スイカカード:家族会員もあり配偶者や子供もオートチャージを利用できる。

実践STEP3:支払い方法を伝えてスマホをかざすだけ

Suicaの表示を確認

店の入り口やレジ近くにある、支払い方法の表示でSuicaのマークがあればSuica払いが可能。

自販機や券売機も同様。

支払い方法を伝える

金額を言われたら、『Suicaで』と伝えて、端末にスマホをかざすだけ!

必要情報を入力

Suicaを電車の改札にかざす要領で、スマホを端末にかざす。スマホ上での操作は必要なし!

実践STEP4:Apple Watchでさらに便利に決済する

iPhoneのWalletに追加したクレジットカードは、Apple Watchと連携することでさらに支払いがスムーズになります。

連携のための登録は、iPhoneの『Watch』アプリから簡単に行えるので、ぜひ登録をしておこう!

Apple Watchのメリット

1.支払い時にスマホを出す必要がない。

2.本人認証が必要ない。

『Watch』を起動

iPhoneに標準でインストールされているアプリ『Watch』を起動し、

『WalletとApple Pay』へ。登録カードから『追加』で選択。

『WalletとApple Pay』を開く

パスコード設定の案内が表示されたら、『パスコードを設定』をタップ。

Apple Watchのパスコードを入力してロックを解除しておく。

Apple Watchのパスコードを確認

Apple Watch側で新規パスコードの設定画面が表示されるので設定しよう。

カード情報を転送する

カードの転送案内が表示されたら、右上の『次へ』をタップして先へ進む

カードの追加を確認

転送が完了したら、iPhoneの『Watch』アプリ『WalletとApple Pay』で、

Suicaの登録が確認できる。

まとめ

スマホ決済は、時間面でのメリットがとにかく大きいですよね!

現金だと財布を開いて、小銭などの確認や、それを渡して店員さんもおつりを数えて等の手間が発生する。

忙しい朝や、急いでるとき等は特に煩わしさを感じます。

電子マネーに切り替えるだけで、スマホをかざして『ピッ』と一瞬で会計ができ、無駄な時間を省けます。なんと、現金時と比較して3分の1もの時間を節約できるとの検証結果もあるほどです。

お金の節約はみなさんやりますよね?時間もお金同様にとても価値あるものです。

同じ支払いなら、是非この機会に取り入れて、時間も節約していきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました