首里城で火災!?沖縄県が誇る世界遺産首里城の中心的建物が全焼

NEWS
スポンサーリンク

2019年10月31日、午前2時40分すぎに沖縄県那覇市首里当蔵町にある「首里城」で火災が起きております。

今回は首里城の火災情報をまとめております。

首里城火災のツイッター速報!

SNSでも拡散されています。

画像

 

 

 

動画

被害状況

城の中心的な建物の「正殿」のほか、「北殿」や「南殿」も全焼しました。

下記、画像は全焼前の美しい首里城

【正殿】

【北殿】

【南殿】

火災原因

現在まだ、火災の原因は分かっておりません。

発生から5時間余りがたち、火の勢いはおさまりつつあるものの、一部の建物は現在も燃えていて、消防が消火活動を続けている状況とのこと。

世界遺産首里城

琉球王国時代のおよそ500年前に建てられ、昭和8年に国宝に指定。

平成4年には正殿が復元され、その後、ほかの建物も順次復元されていて、

平成12年には城跡が県内にあるほかの城の跡とともに「世界遺産」に登録されています。

首里城は世界からも人気の観光スポットですが、

地元住民にとっては学校行事や野外学習、首里城の目と鼻の先にある首里高等学校(沖縄で最も古い高等学校)では授業でも利用されるほど県民に愛され世界に誇れる建造物の一つである首里城。

とてもショックなニュースですが、現在はけが人の情報がないのが救いですね。

過去にも首里城は火災による被害がありましたが、可能な限り被害を抑え復興してくれることを願うばかりです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました