逆境を乗り越えるアスリートの言葉!不安を打ち消す名言3選

スポーツ
スポンサーリンク

長い人生の中で起こる様々な逆境。あなたは逆境にぶつかった時に不安になったことはありませんか?

熾烈な環境の中、多くの逆境を乗り越えるトップアスリート達の言葉。彼らの言葉には不安な気持ちを打ち消す力があります。

弱いメンタルでも大丈夫です。挫けても不安でも心配いりません。
あなたの不安を打ち消すアスリート達の名言をご紹介していきたいと思います。

逆境を乗り越えるアスリート①:辰吉丈一郎

”強いものは自分の弱点を知っているからね。だから負けないんや。弱いところがあるから人間は進歩するんとちゃうんかな。”

『浪速のジョー』の愛称で親しまれた辰吉さんは、元WBC世界バンダム級王者。

そんな輝かしい功績からは想像もつきませんが、彼は幼少期のころいじめにあっていたそうです。

自分の弱点にしっかりと向き合い、逆境を乗り越えてきた辰吉さん。

不安なことがあってもいいんです。弱いところがあってもいいんです。

大切なのは自分の弱さに向き合う勇気!

 

逆境を乗り越えるアスリート②:村田諒太

”努力しても報われるわけじゃない。でも努力しないと報われない。”

ロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、プロデビュー後に世界チャンピオンになった村田諒太さんの言葉。

何もしなければ何も起こることはありません。何かを変えるには動くこと!

勤勉で素直な人が多い日本人。だからこそ『量』だけを大切にする方も多いですが、がむしゃらに努力すればいいということではないですよね(笑)

『Not Quantity. Quality is important(量よりも質が大事)』

逆境を乗り越えるアスリート③:王貞治

”努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力とは呼べない。”

史上3人目の三冠王達成者。世界記録となるレギュラーシーズン通算本塁打868本を記録。

福岡ソフトバンクホークス取締役会長終身GM、日本プロ野球名球会顧問を務める等多くの功績を残してきた王貞治さんの有名な名言ですね。

報われるまでやりつづけるのが本当の努力だ!と、解釈されがちで努力の『量』を重要視しているように見えますが、私は王さんが言っていることは『量』よりも『質』に目を向けるべきだと言っているように思います。

『報われるような努力』それはつまり、『質のともなった努力』ということですね。

まとめ

数々の功績を残してきたトップアスリートたちの名言いかがだったでしょうか。

トップアスリートだから出来ることではないんです。

だれもが素晴らしい才能を持っています。ただ、眠れる才能を引き出す努力の仕方を知らないだけなんです。

そして、大切なのは弱い自分を隠さずに伸ばしていこうとする視点です。

逆境に陥って不安な時ほど、自分自身と向き合うことで自然と自分の良いところが見てくるものです!

自分の弱点は伸びしろなのだと捉えなおし、プラスな出来事に目を向けていきましょう!

”不安は成長のチャンス!”

コメント

タイトルとURLをコピーしました